トップ / 親族の葬儀があったとき

アクセサリー

親族の葬儀ほど辛いことはない

葬儀自体、心が痛くなるものですが、親族の場合、最も辛いことは間違いありません。今までお世話になった、しかも自分から近い存在でいてくれた人が亡くなってしまったら参列することがつらくなるでしょう。しかし、参列しなければいけません。参列をして「今までありがとう。これからも空から私を見守っていてください」と今までの感謝とともにこれからのことを伝えるべきです。親族がなくなると辛く、苦しくこれからどうすればいいのか混乱するとは思いますが勇気を出して葬儀に参列し最後まで見送るまでが参列者の使命であるでしょう。

親族の立場から見た場合

誰でも一度は葬儀に参加しなければならない状況に立ち会いますが、その際のマナーはとても重要です。参列する立場である親族から見ても、きちんと節度を持って参列することが大切です。突然で対応に追われることも多い立場でありますが、ただ悲しみに暮れるだけではなく、きちんと故人を見送ってあげるということが必要になってきます。何かと対応が必要になってくる葬儀は、親族同士が協力し合って、故人を見送るということが最大の弔いでもあります。突然の出来事でも起こりうるため、常日頃から何かあった時のための心構えをしておくことが必要です。

↑PAGE TOP