トップ / 女性が葬儀で付けるアクセサリー

アクセサリー

葬儀の時指輪はつけても良いか

葬儀の際、女性はどんなアクセサリーをつければ良いのか、悩むところです。パールの一連のネックレス、イヤリングもしくはピアス、指輪ならマナー違反にはならないと言われています。色も白・黒・グレーで、パールの大きさも小粒のものを選びます。結婚指輪の場合、シルバーやプラチナなどの色や形がシンプルなものならばそのままつけていても構いませんが、葬儀の際にはキラキラしたものを使用するのはマナー違反です。そのため、ダイヤなど宝石のついているものの場合は石が指の内側に来るようにするか、最初から着けていかない方が良いでしょう。

参列する際のアクセサリー

葬儀に参列するという場合、基本的にアクセサリー類は結婚指輪以外はつけないようにしましょう。ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーについてもデザインに関わらず、正式にはつけない方が好ましいとされています。葬儀でネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを身につけるという場合には、出来るだけシンプルなデザインの物を選ぶようにします。ネックレスに関しては、2連の物は重なる事を連想させるため、避けたほうが無難です。白や黒の1連のネックレスを選ぶようにしましょう。その他の小物に関しても、派手は色の物は避けるようにします。

↑PAGE TOP