トップ / 葬儀の雑務をお手伝い

アクセサリー

葬儀での手伝いについて

故人や遺族と親しい間柄なら、積極的に手伝いを申し入れましょう。遺族は故人の突然の別れに、気が動転していて細かい雑務や連絡などができなくなっているものです。葬儀の際には、この細かい雑務が多く、連絡や手配をしなければならないことが非常に多くあります。そのため、周りにいる身近な人が遺族に代わってフォローしなければなりません。葬儀での受付や案内係、役所関係への連絡、女性であれば台所仕事や子供の世話など、年齢や立場によって役割分担もあります。まずは、遺族の元へ出向き、お悔やみを述べ、自分に出来ることを申し出ましょう。

葬儀のお手伝いをしてもらう

身内で不幸が起こってしまった際、自宅でお通夜、お葬式を営むことも出てきます。その場合は、まず隣近所に家族の不幸をお知らせし、お手伝いを頼まなければいけません。家の外にテントを設置したりとか、テーブルの用意、僧侶のみなさんの接待などはお願いした葬儀会社が行ってくれますが、それ以上に忙しくなるのが本番です。参列者の案内や、駐車場の案内、または通夜ぶるまいと呼ばれる食事会などのコップや食器の用意なども、すべて喪主側が行わなければいけません。そんな喪主の負担を少しでも軽くしてくれるのがお手伝いしてくれる近所の方ですので、ぜひとも葬儀に呼んでおいた方が良いでしょう。

↑PAGE TOP